一見分かり難いですがこれまでとは仕様をいくつか変えています。

頭部電飾のLED球を全て電球色に統一することで昭和のレトロ感を演出しています。アイもオレンジから、電球色のブラウンをより強めています。

また、フィギュア体内に納めていた電飾基板を台座裏に配置できたことによって、電飾パターンの切り替え操作を可能にしています。

カラーはブルーにグレイ、レッドにブラックの混合率をそれぞれ多くしています。

イエローはオレンジ寄りだったのをより黄色くしています。

ウェザリングは最少です。

 

当作品は「改修」バージョンで「電飾」製作しています。

電飾パターン   アイ点灯   頭部電飾点滅